重度のワキガの対策法

重度のワキガの対策法

重度のワキガの対策法

ワキガと言うのは医学的には腋臭症と呼ばれています。わきの下にあるアポクリン汗腺と呼ばれる組織から分泌される成分が、細菌の繁殖により独特のにおいを出すという仕組みで発生する症状です。この症状は臭いがする以外には特に問題になるということがありませんので命に影響がある問題ではありませんが、現代人にとっては対人恐怖や社会不適応など様々な原因を引き起こすかなり深刻な悩みになることが少なくありません。

 

一般的には市販のデオドラントグッズを使用すればほぼ問題なく対処することが出来るのですが、重度の症状になってくると市販の商品で行うことができる対処法では問題の解決には至らないケースが少なくありません。例えば分泌数r成分が服に黄色い染みを付けるレベルになると部屋に入ってきただけで臭いが分かるレベルになります。この様な重度の症状には対策法として手術が選択されます。

 

手術はわきの下のアポクリン汗腺を外科的に切除すると言うことをします。この対処により、わきの下からの臭いと汗が無くなります。副作用として自体の他の部分からの発汗が起こることが少なくありませんが、大きな悩みから解放されることができるためワキガに悩む人の多くが施術を望むようになってきています。"

ホーム RSS購読 サイトマップ